医者

うつ病と間違われやすい自律神経失調症という病気|正しい診察

自律神経失調症とは

診察室

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ体に様々な不調が現れる症状を言います。めまいや吐き気、震えなど人によって現れる症状は違います。自律神経失調症の明確な基準はなく、他の病気と判断できない場合に自律神経失調症という診断が出ることが多いです。 自律神経失調症の主な要因はストレスになります。日々のストレスに自律神経の機能が追い付かなくなったときに自律神経失調症になってしいます。ストレスをうまく発散できなかったり、物事を後ろ向きにとらえがちだったりする人はなりやすいと言われています。それ以外では遺伝によるものもあるので、身内に患っている方がいる方は注意が必要です。 現代社会ではうつ病が、社会的な問題になっています。自律神経失調症はうつ病とは違いますが、発症原因は似ていますし悪化すればうつ病にも繋がるものです。これからも増えていくと考えられます。

うつ病は、心も体も落ち込んだ状態で、自律神経失調症は心と体がちぐはぐな状態という風に表されることもあります。頑張ろうという気持ちはあるのだけれど、体が上手く機能してくれないという状態です。自律神経失調症の症状は、目に見えないものですし、軽度であれば自分自身でも気づかないことも多いです。しかし、悪化すればうつ病にも繋がるものですし、治療も早いうちであれば治るものも治らなくなってしまう恐れもあります。少しでも心当たりのある方は、病院での受診をお薦めします。 ただし、自律神経失調症であれば心療内科での受診が良いのですが、そのほかの病気の可能性もあるので自己判断せずに内科を受診しましょう。自律神経失調症であった場合には何より休息が必要です。焦らずゆっくりと治すようにしてください。

治療方針は慎重に検討

ナース

前立腺がんは外科手術が難しい場所にあるがんです。そのため手術後には生活の質を落とすことも覚悟しなければなりません。また血液やリンパ節に乗って転移する可能性もあり、骨や骨盤、膀胱や直腸に転移しやすいとも言われています。

もっと読む

予防と人気の病院

ドクター

大腸がんなど、がんの恐ろしい理由の一つに再発、転移があります。手術などひとまず治療が終わっても、再発を防止しなければいけません。それには食生活などでできるだけ発症するリスクを下げることが大切です。独自の技術を持っている病院は全国から患者が訪れる人気の病院になります。

もっと読む

どのような症状なのか

聴診器

子宮内膜症は、生理期間中に激しい腹痛や腰痛を伴います。そのため、体に違和感がある場合は産婦人科で受診することが大切です。子宮内膜症は不妊症になる原因でもあるので漢方で改善を試みると適切です。

もっと読む