治療方針は慎重に検討|うつ病と間違われやすい自律神経失調症という病気|正しい診察
看護師

うつ病と間違われやすい自律神経失調症という病気|正しい診察

治療方針は慎重に検討

ナース

前立腺がんは前立腺にできるがんですが、早期発見時においても外科手術による治療が難しい場所にあります。そして手術時には前立腺を切除する事になりますので、日常生活に支障をきたすことになります。前立腺がんも転移します。血液やリンパ節に乗って離れたところに移動するのが転移ですが、前立腺がんの転移先は膀胱や直腸が多くなっています。性質自体は前立腺がんと同じであるため、治療方針に変わりはありませんが、手術などを用いて治療することが一般的です。また骨や骨盤への転移も多いのが特徴です。他の癌が転移する時、骨や骨盤への転移は末期状態で転移することが多いのですが、前立腺がんの場合には早期に移ることが多いのが特徴になっています。

前立腺がんはその性質から、外科手術を行うと生活の質を落としてしまうことも想定されます。そのため治療方針に関しては担当の医師と話し合うことが大事になります。転移をすることを見越して転移先に放射線治療などを継続して行い、前立腺に関してはがんの治療を行わずに共存するなどの工夫も必要です。一度落とした生活の質を元に戻すことはできません。そのため生活の質が落ちた場合をシミュレーションして治療を行う事が大事になります。一番怖いのは全身むしばまれることですので、先を見越した治療も必要となります。転移先の治療は放射線治療が一般的ですが、微量の放射線を回数を多くして行うなど体に負担をかけない治療法を選択することです。